ひらたいくま命名のこと

 この間のエントリにも登場して「名前を募集しています」と言っていたひらたいくまに、ようやく命名した。当初は名前を付けるつもりも無く、単に「ひらたいくま」とか「くまさん」で通すつもりだったのだけれど、ひらたいくまの存在に感激した母親のために追加でお迎えして(北海道だから随分送料を取られるかなと思ったけれど、案外そうでもなかった)からというもの、母が「何か名前を付けてあげたほうがいい、自分もつけるから」としきりに言うようになった。確かに同じ家に2匹いるのに両方とも「ひらたいくま」では具合が悪いので、ここ数日、寝たり起きたりする合間にずっと考えていたのだ。

f:id:t0kiwa:20190328113332j:plain

 左が新しくお迎えしたひらたいくまで、右が先輩のひらたいくま。こうしてみると、先輩の方は随分毛足がもこもこしているのがわかる。並べると色味も随分異なるように思えるが、これでも一応、同じ色(ラテ)だ。*1

 フラットアウトベアの公式サイトに載っているものを見ても、他のオーナーさんの写真を見ても、おおよそが左のように毛足が整っている。ので、右の子をお迎えして最初にご対面したときの正直な感想は「なんか思ってたのと違うな」だった。毛並みを整えてあげれば左のようになるのかしら、と思って手で撫でつけたりしてみたけれど、やはり毛はもこもこのまま。こっそり首を捻っていたのだけれど、今回左の子をお迎えして確信した。あ、これ、やっぱり個性だったんだ。

 というわけで、お迎えしてから半年、ずっと「ひらたいくまさん」と呼ばれていたくまさんは、本日付で、晴れて「シャンプー」という名前になった。由来は言わずもがな。暇な時に時折他のオーナーさんの写真を見ているけれど、未だにうちの子レベルにもこもこしているひらたいくまには出会ったことがない……というのは多分単なる親馬鹿である。探せば普通にいると思う。でもそう思いたいのが人情だ。うちの子一番。

 ちなみに、左の子は「リンス」になった。自分で提案したくせにずっと名前をつけあぐねていた母が、私が「この子は今日からシャンプーです」と言うなり乗っかってきたからだ。シャンプーと名付けた時にそうなる予感はしていたのだけれど、かわいいので良いと思う。

 というわけで、双子のシャンプーとリンスを、これからよろしくおねがいします。

*1:写真はやや赤色強めに加工しているので、これから購入する方はあまり参考にならないと思います、と一応補足